«

10月 15

ブランディングを利用したロゴ制作

先ほど、ブランディングはさまざまな場面で利用されるという話をしました。その中でも、多くの企業が力を入れてブランディングを利用していることがあります。それが企業ロゴ制作です。

作成中みなさんが今身の回りで使用しているものを販売している企業を思い浮かべてください。そうすると、その企業のロゴのデザインが鮮明に思い浮かぶものがいくつかあるのではないでしょうか。それがまさに「ブランディングを利用したロゴ制作」ということです。

例えば、企業のロゴにあるフルーツや野菜を入れたとします。そうすると、その企業のユーザーだけでなく、その企業を知っている人であれば、それらのフルーツや野菜を見たときにその企業を思い浮かべることになります。そうすることにより、自分たちの企業に少しでも興味を持ってもらい、最終的にはその企業で作られている製品を使用してもらおうとしているのです。

一般の方から見ると、「時間がかかりそうな作戦だな」と思うかもしれません。しかし、どれだけ世界的に有名な企業だとしても、その企業が作った製品であればすべて買ってくれる熱狂的なファンというのは一部しかいません。さらに企業を大きくしていくためには、何の興味もない人を少しでも引き込むしかないのです。そのために、ブランディングという手法は非常に効果的であり、特に視覚に訴えることのできるロゴにおいては、特に重要になってきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket