«

»

10月 10

ブランディングとは

素材昨今の世界では、人だけでなく企業も「イメージ」というのをとても重要視しなければなりません。何か悪いことをしてしまえば、企業のイメージは瞬く間に暴落し、さらにSNSなどを通じて拡散することによって、世界中にそのイメージが浸透してしまうことも少なくありません。

しかし、逆に良いイメージを世界中に植え付けることができれば、企業としての活動をより円滑に行うことができるようになります。その際に利用される手法が「ブランディング」です。

ブランディングとは、企業に限らず、ユーザーに対してある一定の共通イメージを抱かせるための手法の総称を指します。企業を例に取ってみると、企業のロゴや、キャッチコピー、製品のデザインなど多くの場面でブランディングという手法が取られています。テレビCMなどを見ていて、ある企業のCMが流れると一定のリズムや音楽をイメージすることがあります。それは、その企業のブランディングがうまくいっている証拠でもあります。

このように、ブランディングという言葉だけを聞くと、何かとても難しいことのように感じてしまいますが、ブランディングは意外とみなさんの身の回りにあふれています。だからこそうまく使うことができれば、それだけで多くの人々の注目を集めることができます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket